学校法人横浜中央学園
ゆたか幼稚園

〒246-0031
横浜市瀬谷区瀬谷1-1-1
TEL.045-301-0160

 

課外教室

ゆたか体操教室

子どもは身体を動かして成長発達していきます。子どもの体力向上に少しでも役立てばと思い、ゆたか幼稚園体操教室では、子どもたちが持っている限りない資質を引き出し、ひとりひとりの持ち味をゆたかに育てていくことを指導の目標にしています。

【指導内容の目標】
  • スポーツを通して礼儀作法を身に付ける。(スポーツルールを通して社会ルールを知る)
  • 自分勝手な行動を慎ませるように指導する。 (今、何をしなければを身体で覚える)
  • 常に努力する力と研究心を身に付ける。(最後までしっかりやり通す心を身につける)
【対 象】 : 年中・年長・小学生
【活動日】 : 週1回
【活動の様子】

サッカークラブ

サッカーをやってみよう!サッカーの楽しさを知ってほしい!
サッカーを通じ、約束やルールを守って練習し、各自の技術と体力を高める。 また、礼節を重んじ規律正しく我慢強く、何事にもくじけない強健な精神を作る。 幼児期は心身の発達の著しい時期でもあり、また、自己統制が十分でないので周囲の指導や環境により、その発育・発達に大きな影響があります。当教室は、幼児の体力や技術に応じてやさしいものから順を追って安全適切に指導し、楽しいグループ活動の中から自然に集団生活に必要な協調性や規律性、礼儀なども身につきます。

【対 象】 : 年中・年長・小学生
【活動日】 : 週2回
【活動の様子】

リトミック教室

  • リトミックとは、スイスの作曲家ダルクローズが考案した音楽を使った反応教育で心も体もリズミカルにして自己コントロールが自然に出来るようになるための教育です。
  • 当教室では、体育と音楽を融合させ、幼児向けにアレンジした 「天野式リトミック」を取り入れています。
  • 活動内容としては、音符のリズムを手や足で表現したり、和音の聞き分け、拍子練習、手足のコントロール等を行います。 リズム能力は、大脳の発達と深い関係を持っており、3歳から6歳までが最盛期とされています。この時期にリトミックに触れることで、リズム能力、注意集中力等を高め、大きく豊かな人間へ成長するための基礎能力を育てる事を目標としています。

リトミックを終えた直後は、脳が活性化しており、その状態で活動を行うと極めて効果が高いとされています。 当教室では、この状態を有効に使うために、前半はリトミック、後半はワーク・タブレット端末による文字学習を取り入れています。 鉛筆の正しい持ち方、文字を書く姿勢に始まり、年中クラスではひらがなと数字、年長クラスではカタカナと足し算を加えて小学校入学後、スムーズに学習できる力をつけることを目標としています。
※平成28年度よりワーク指導時間内にタブレット端末を使用した学習を導入してします。

【対 象】  : 年中・年長
【活動日】  : 週1回
【活動の様子】

ピアノ教室

お子さまには、基礎から丁寧に! 好奇心いっぱいのこの時期、そして耳の聴力が急速に伸びるこの時期、 音楽を始めるには最適です!

【対 象】 : 年少・年中・年長・小学生
【指導日】 :週1回
【活動の様子】

新体操教室 新体操クラブ With

リズミックに動く身体が心を表現する

運動で身につけた軽快で機敏な行動と、たくましさ・ねばり強さ・やさしさなどをそなえた、心身共に健康な子ども達に育ち、将来社会に貢献し次世代を担うべく成長してくれることを願っています。
運動することは身体にとって必要不可欠な要素ですが、その仲間同士の「学びあい」によって子ども達が「将来にむかってよりよく生きてゆく力」を、「好ましい社会的態度」を構成していくことが真の目的となります。
活動のねらいは、仲間同士の「学びあい」によって生活すべてに共通する「乗り越え、遂げようとする心情」を作り上げていくことに集約されます。

フロアーに舞う、小さな妖精たち

遊戯・ダンスなどの要素が含まれる音楽・リズム運動や手具を使った手先・身体の巧緻で柔軟な運動は、女の子の方がよく適応し豊かに表現します。
リボン・ボール・フープ・なわを使った運動は、子ども達の好奇心や興味を拡大させ、意欲・積極性も高めてくれます。

【はじめの3年は基礎コース】

手具を使って技能を習得する課程の中で基礎的な体の諸能力を高め、より洗練されたスムーズな動きが日常生活に反映し行動の機敏さに現れるよう、多彩な身体活動をレッスンに取り入れています。 さらに、集団の中で培われる知性、社会性、情緒的側面にも有効に働きかけられるよう内容を編成しています。

【対 象】

年中・年長・小学生

【活動日】

週1回